2016年10月14日

Loud Park 2016

Loud Park 2016 : 待望のヘッドライナーの下、再結成組、初来日組、目玉となるアクトを取り揃えた豪華なラインナップになった。様々な国の古参、若手、メジャー、マイナーが一堂に会す、日本が世界に誇るMetalフェスティバル。

CANDLEMASS : デビュー30周年記念ツアーの一環として出演、そして、今回が待望の初来日公演。長年待たれたその姿、そのパフォーマンス、貫禄というか、凄みというか、ただただ渋かった。加入当時は驚いたMats Levénのヴォーカルも、予想に反してバンドの雰囲気に合っていた。

RAGE : Peavy Wagner以外一新されたメンバーにも関わらず、文句無しのパフォーマンスを披露。王者という言葉が良く似合う。これこそが、バンドとオーディエンスがインタラクティヴに形成するライブ空間の雛形。日本のオーディエンスとの相思相愛ぶりをこれでもかと見せつけられた。

MASTERPLAN : 殆ど1stアルバム「Masterplan」からの曲で固められたセットリスト、その中にはHELLOWEENの「The Chance」も。オーディエンスからの反応に、日本での人気がどれ程のものか思い知らされ、Roland Grapowのスター性を再確認した。

ARMORED SAINT : デビュー32年目にして、意外にも今回が初来日公演。バンドもオーディエンスも喜びに包まれた中、さすがベテラン、初めてライブをする国でも堂々としたパフォーマンスを披露。久々のJohn Bushの全く変わらない、楽しそうな姿が観られたことが何よりだった。


EXODUS : 親しみのあるバンドなので、今回のラインナップの中で特別感は無かったが、いざライブを観ると、並み居るアクトの中で完全に頭一つ抜けていた。MCではSLAYER、Gary Holtへの愛を語っていた。気迫が違ったのか、グレードアップしていたのか。とにかく凄まじかった。

QUEENSRŸCHE : 分裂騒動後の姿はどうしても白けて見えてしまう。どれも体が覚えていて一緒に歌える、好きな曲ばかりなのに、目の前にいるのは違うバンドに思えてならなかった。バンドとしてのクオリティーは問題無いかも知れない。巧いトリビュートバンドを観ているかの様で虚しかった。

CHILDREN OF BODOM : 2年連続出演。日本慣れしているバンドだけあって、日本のオーディエンスの楽しませ方も十分心得ていた。特に思い入れがあるバンドでは無いが、さすがに「Needled 24/7」を聴くと、リアルタイムで聴いた当時のことが懐かしく思い出されてしまう。

DOKKEN : 今回の目玉。オリジナルメンバー再結成という偉業を果たしたが、以前と同様にDon Dokkenのヴォーカルが残念でならなかった。一方、George Lynchのギターは全盛期と変わらず冴え渡り、名曲の数々を彼のギターで聴けただけでも今回のライブを観た価値があった。

SCORPIONS : 代表曲を散りばめた文句無しの本編、そして、アンコールでは噂通りUli John Rothが登場、久々の再結集で泣く子も黙る「We'll Burn The Sky」。遂に日本でも実現してくれて感無量。先日の単独公演と殆ど変わらない尺で存分に楽しませてくれた。



image.jpeg
posted by Yoshitaka at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary - Live Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする