2015年11月25日

Fat Wrecked For 25 Years

Fat Wrecked For 25 Years : Fat Wreck Chordsの設立25周年を記念した、僕達を育てたバンド達が一堂に会したフェスティバル。日本で開催されることに驚いたが、日本から出演するバンドを知って頷けた。


Fat Wrecked For 25 Years


SNUFF : 馴染みのある楽曲と、巧みに日本語を混ぜたLondon訛の汚いMC。日本のオーディエンスとのコミュニケーションが上手。笑いを撒きつつ、乗せるときは乗せる。日本でのライブに慣れている感じが素敵。楽器の転換も目まぐるしく、面白い。とても器用なバンドだと再認識させられた。


STRUNG OUT : ほぼMetalだった。あんなMetalバンドがいても良いと思うくらい。Emoぽくもあった。でも、それらのジャンルにはこういうバンドは見当たらない。だからこそ、このバンドはこのフェスティバルのこの枠にいるんだと再確認した。演奏とパフォーマンスのキレも見事。


LAGWAGON : 意外にも演奏が叙情的だったり、プログレッシヴだったりとつい聴き入る場面が多かった。メンバー達のキャラクター性、エンターテインメント性が映えるステージ上でのやりとりも愉快だった。それでも、確実にオーディエンスを乗せていた光景に、当代の筆頭格としての威厳を観た。


Hi-STANDARD : ようやく観られた。懐かしかった。あの3人は変わっていなかった。それだけ。それ以外に何も感慨は無い。楽曲は演奏されないと死んでいく。再び命を取り戻したあの名曲達も、これから先また生き長らえていくだろう。そして、彼等は永遠に僕のヒーローであり続けるだろう。


NOFX : 今日は彼等がこのフェスティバルのホストだけあって、ステージ上の親しみのある光景も特別に感じられた。時代を創った名曲達は今も素敵で、少し照れさせつつも優しい気持ちにさせた。彼等はこれを、10代のファン達が成長していく姿を見守りながらずっと続けている。まるで学校の様だ。


TONY SLY TRIBUTE BAND : 今日ここにいる筈だったTony Slyを讃え、出演者達が挙って華を添えた。中でも特筆すべきは、Hi-STANDARDとFat Mikeの共演。期待していたNO USE FOR A NAMEの再結成は無かったが、出演者達の愛を感じた。
posted by Yoshitaka at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary - Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

Chasing The Asian Sun - About A Girl From Indonesia

先月、友人のアーティスト松岡友さんから久々に連絡があった。

何でも、インドネシアから素敵なアーティストが来日するから、一緒にセッションでもいかが、と。

以来、それは素晴らしい日々だった。Etza Meisyara、こんな素敵な人と同じ時間を共有させてもらったことを光栄に思う。彼女とのジャムセッションは今までの音楽人生で間違い無く一番素晴らしい経験だった。

彼女は若く、美しく、勇敢な人だ。そして、彼女は芸術だけでなく、人の一生を取り巻くあらゆる事象にインスピレーションを与える存在になるだろう。

東京の街中を歩く、驚きに満ちた彼女の顔を見ると、自分がLondonに行ったときのことを思い出す。彼女は僕にたくさんのことを思い出し、教えてくれた。

この気持ち、もう二度と忘れたくない。死ぬまで、何かに心をときめかせる人であり続けたい。

Etza、ありがとう。また、会おうね。君と、君の家族、友達、祖国にしあわせがあらんことを。



Last month, the artist Tomo Matsuoka texted me saying, "Hi. It's been a while. I let you know an artist is coming from Indonesia. She's amazing musician as well. So why don't you hang out for some jamming together?"

...Well, it's been amazing days so far. With talented Etza Meisyara, I'm so honoured to be her company together, as I reckon the jam session with her was definitely one of the best moments of my musical life.

She is young, beautiful and brave one. Not only art, she will be inspiration to human life and everything.
When I looked into her face exploring the streets in Tokyo, it reminded me of myself in the very first moment in London. She reminded me a lot and taught me a lot.

I don't wanna lose this feeling anymore. I wanna be a person who can feel the butterfly, as long as I live on.

Thank you Etza. See you again soon. Best wishes to you, your family, friends and country.



image-be84c.jpeg

image-d8819.jpeg

image-bb72c.jpeg

image-8ce8c.jpeg

image-89631.jpeg
posted by Yoshitaka at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary - Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする