2010年04月26日

THE LIBERTINESと19歳の僕

THE LIBERTINESが再結成しました。

今から6年前、僕がLondonへと移り住んだ年、2004年は、U.K.中がTHE LIBERTINESに染まっていた年でした。

4月、5日間行われたBrixton Academyでのライブは、結果としてTHE LIBERTINES最後のLondon公演になりました。僕の友人は挙って観に行っていましたが、そこに僕の姿はありませんでした。

6月、僕はTHE WHOとDAVID BOWIEがヘッドライナーを務めたワイト島フェスティヴァルに行きました。3日目のトリであるDAVID BOWIEの前に登場する筈だったTHE LIBERTINESは既にPete Doherty離脱後で、急遽出演をキャンセル。その時間は丁度行われていたEurocup FinalのEngland対Franceのフットボール観戦に充てられました。試合はFranceが勝利を収め、会場は険悪な雰囲気に。David Bowieも登場するや否や ”Fuck you.” とのたまう始末。

程無くしてセカンドアルバム「The Libertines」が発表されると、国内チャートは軒並み1位を占領。しかし、そこにはもう4人が揃った姿は在らず。実に象徴的な出来事でした。

その後のU.K.では周知の通り、全く違うアプローチを試したり、劣化したコピーを晒したり、とにかく新興勢力のインフレーションが起こりました。

今思えば、THE LIBERTINESというバンドは僕にとって、いけるかいけないかの瀬戸際のラインで、何とかいけた最後のバンドだったんだと思います。その後のブームには全くついていけず、ARCTIC MONKEYSが出てきた時にはこの国も終わったなと思ったものでした。同時に、自分もそれだけ歳をとり、偏屈になってしまったものだと思ったものでした。

「Death On The Stairs」を聴くと、19歳の僕がヘッドフォンをしながら歩いていたCharing Cross RoadやOxford Streetの街並が目の前に現れてきます。変わらない、古い街並がいつまでも心の拠り所になる、筈だったLondonの街並も、随分変わってしまいました。

無事にライブまで事が進むと良いけれども。

”何せ僕達はTHE LIBERTINESだから、この再結成が夏まで持つかどうか分からないよ。”

当時のTHE LIBERTINESと今のTHE LIBERTINES、一番違うところは、彼等が彼等自身をより把握出来ているところかも知れませんね。



posted by Yoshitaka at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary - Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

毎年、この時期になると桜を見るのが楽しみな25歳です。

今年は新しい土地で、何処に行けば桜が見られるのか良く分からないまま京浜東北線に乗って仕事に行く毎日。しかし、電車の窓からよさげな所がちらほら見えるではありませんか。

少し朝早く起きて、仕事に行く前に途中下車。

まずは、川口駅前。



Sakura 2010 01



Sakura 2010 02



Sakura 2010 03



そして、王子、飛鳥山。



Sakura 2010 04



Sakura 2010 05



Sakura 2010 06



とどめは、出勤途中では無く休日に行った、狭山の稲荷山公園。これでもか、というくらい咲いていました。



Sakura 2010 07



Sakura 2010 08



Sakura 2010 09



Sakura 2010 10



個人的、桜を観ながら聴くと良いアルバム5選。



Artwork 096

「Bryter Layter」   NICK DRAKE



Artwork 097

「It's A Beautiful Day」   IT'S A BEAUTIFUL DAY



Artwork 098

「戦争と平和」   THE FOLK CRUSADERS



Artwork 099

「The Future Embrace」   BILLY CORGAN



Artwork 100

「Insen」   ALVA NOTO & SAKAMOTO RYUICHI



お試しあれ。
posted by Yoshitaka at 00:53| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary - Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

就職しました

っていうタイトルで人をだます日記があふれている今日、エイプリルフールは、僕の周りのフリーター率の異常な高さを物語っております。

3月も面白い事がいろいろあったのに、PCに向かう時間がなかなか無くて殆ど何も書けませんでした。

今年は色々、変化が起こる年ですね。毎年そう言っている気がしますけれども。

ちょっとずつでもいいから、何か書きたいですね。なんと、このブログも6年目です。

このブログをはじめた時はミクシィなんてまだ無くて、同時期にブログを始めた友人が結構いたものでしたが、今では殆どやめてしまいました。ミクシィの方が便利だものね。寂しいからリンクはずっとそのままです。

眠くなったので、今日はこの辺で。






posted by Yoshitaka at 23:03| Comment(9) | TrackBack(0) | Diary - Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする